脱毛方法事のデメリット

もしも自分のムダ毛を効率よく払拭したいとお考えながらエステや医療機関で専門の脱毛施術を受けるとよいでしょう。しかし世の中には数多くの脱毛施術が存在してそれぞれの脱毛方法事にデメリットが存在します。これらを怖がり過ぎる必要はありませんが、知識として頭の片隅に置いておくことでそのリスクを理解し、より良い選択を下すことが出来るでしょう。

gf0640065860l

 

まず、自宅での自己脱毛では毛抜きの処理は埋没毛や炎症を引き起こす可能性があります。また家庭用脱毛機は使い方を間違えると火傷や炎症をもたらすので注意が必要です。美容エステで受けられる脱毛法の代表的なものにはレーザーやフラッシュを用いた施術がありますが、これらは毛根の黒いメラニン色素と反応することで脱毛効果をもたらすものなので、もしも肌に日焼けや黒ずみやホクロがあると火傷の原因となります。また産毛や白髪だとうまく反応しない可能性があります。

 

 

さらに微量の電流を帯びたニードル脱毛は人の手で毛穴ひとつひとつにニードルを刺すので時間と手間がかかるというデメリットがあります。さらに痛みの面でもレーザーやフラッシュ以上に感じられる場合もあるようです。

 

 

これが医療機関における施術になると大変効果も高く、レーザーやフラッシュ、それにニードルにおいても永久脱毛に等しい効果が得られる反面、費用的にかなりの高額に達してしまうのが難点です。これらは保険の適応もできないので、あらかじめある程度の金額を予測した上で支払いに備えなければなりません。

Filed under: 未分類 — だつもうのしゅほうとくしゅう 10:49 PM