抜く場合

自宅などで、自己処理で行う脱毛方法には色々あります。そんなにお金もかからず手軽にできて、一般的なものは、カミソリで剃る、毛抜きや毛を絡めとる方式の脱毛器で抜く、脱毛クリームや脱毛ワックスなといったものがあります。他にも、もう少し高性能でお値段も高くなりますが、家庭用脱毛器でも光脱毛といったものや、熱で焼ききる方式のものなど、様々なものがあります。

 

 
脇の毛などは、カミソリで剃ったりするよりも、抜いた方が抜いた直後は毛穴も綺麗で、カミソリより長持ちしそうで、伸びてきたときもチクチクしないと、ついついい抜いてしまっている方も多く見受けられます。そうやって抜く場合、無理やり毛を抜いているわけですから、埋没毛になって、毛が毛穴の中で埋もれてしまったり、毛穴がボツボツして汚ならしくなってしまったり、毛穴からバイ菌が入って赤く炎症をおこしてしまったりと、お肌にとっていいことはなく、かえって肌トラブルのもとになる場合が多いです。そのような肌トラブルになってしまうと、脱毛よりも、まず肌トラブルを直す必要が出てきますが、一度そのような毛穴のトラブルになると、きれいな素肌に直すのは、なかなか大変ですので、無理な脱毛は控え、なるべく肌に負担をかけない方式を選びましょう。

Filed under: 未分類 — だつもうのしゅほうとくしゅう 10:50 PM