抜く場合

ムダ毛が気になりだした場合、ほとんどの人がまず自分で処理をしようとします。その場合に使用されるのがカミソリや毛抜き、脱毛テープやクリームなどで、最初はカミソリや毛抜きを使用する人が多いのです。その理由は身近にある道具を使うことができるため比較的安価であることや、簡単に処理をすることができるという手軽さにあります。

 
しかし、抜くことは肌に負担をかけてしまうため、処理方法は気をつけなければなりません。また、埋もれ毛や切れ毛を起こしたり、毛穴が傷つきブツブツになってしまうことがあります。そのようなトラブルが起こらないようにするためにも正しい方法で処理をすることが大切です。

 

 
抜く場合、処理後にお風呂に入ると雑菌が入りやすいため、お風呂後に処理を行うようにします。処理前にお風呂に入らない場合は脱毛部分を温かいタオルなどで温めて毛穴を開いてから行います。そして毛の方向に沿って優しく抜くのがポイントです。

 

 
処理後は冷たいタオルで冷やしたり、保湿をしっかりすることも大切です。肌トラブルを起こしやすいため、ボディジェルなどでケアをします。
毛抜きなどの自己処理は正しい方法で行うことで肌トラブルのリスクも少なく、自分で簡単に処理ができるためしっかりと勉強してから行うことが大切です。

Filed under: 未分類 — だつもうのしゅほうとくしゅう 10:47 PM